MISOJI備忘録

三十路がアクセス数とか気にせず語る場所

LUNA SEA『LUV』ツアーで真のリブートはできるか

LUNA SEAの9thアルバム『LUV』がリリースされて1ヶ月超、そこそこ聴き込んで今後のLUNA SEAについて冷静な意見をまとめておきたいと思います。

 

LUNA SEAは2007年の東京ドーム(One Night Dejavu)を挟み2010年に本格的に活動再開しました。2013年には8thアルバム『A WILL』をリリース、このアルバムの内容に満足しているファンは相当多いと思います。しかし今回の『LUV』、リリース当初ファンはその明るい楽曲の多さ、いうなれば「これまでのLUNA SEAらしくなさ」に溢れたカラーに賛否がありました。

f:id:ysykysyk:20180202124655j:image

これを受けてリリース後のライブMCでSUGIZOはこう発言

 「面白いことに賛否両論が巻き起こっています。ざまぁみろって感じです。今までLUNA SEAのアルバムで賛否両論が起こらなかったことがありますかLUNA SEAは常に新しい姿を見せ続けていきます。」(2017/12/24 The Holy Night)

 

正直『A WILL』のときはほぼ否がなかったような気がするんですけどw、私も『LUV』自体は気に入ってますし、新しいLUNA SEAに溢れた作品だと思います。

 

そういう意味で今後期待したいのはライブのセットリストの刷新です。再始動後のLUNA SEAのセットリストは結構マンネリしてます。『A WILL』リリース以降でも従来の曲に新しい曲を少し入れる程度。「The End of the Dream」「rouge」「Thoughts」あたりは充分ブレイク期のシングル曲と張り合えますがライブでは定番化しているわけではありません。ぶっちゃけもう毎回「ROSIER」やらなくてもいいと思うんですよ。新しいLUNA SEAを見せるというのであればやはりセットリストを刷新する以外の選択肢はないのではないでしょうか。

 

昨年末のさいたまスーパーアリーナはややその片鱗が表れていたように思います。

01. Hold You Down
02. TONIGHT
03. JESUS
04. HURT
05. Brand New Days
06. 誓い文
07. The LUV
08. The End of the Dream
09. I'll Stay With You
10. MOON
11. Drums Solo & Bass Solo
12. BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー
13. I for You
14. IN MY DREAM
15. DESIRE
16. TIME IS DEAD
17. ROSIER
<アンコール>
18. Christmas Song ~ HOLY KNIGHT
19. Dejavu
20. WISH

f:id:ysykysyk:20180203144236j:image

メンバー同様いい歳になってきたSLAVEたちはどこか古い曲を望んでいるような気もしますが、過去の財産にすがるだけのバンドになるくらいなら活動しないほうがマシ。

SUGIZOのインフルエンザで1週間スタートが遅れてしまいましたが、『LUV』ツアーが新しいワクワクに溢れたものでありますよう。

ちなみに私はツアー後半の3/17広島、3/31・4/1福岡の3本に臨みます。