MISOJI備忘録

三十路がアクセス数とか気にせず語る場所

【ネタバレ無し】『君の名は。』感想

新海誠の作品は『ほしのこえ』からずっとリアルタイムで鑑賞してきました。
途中『星を追う子ども』でファンタジーやってみたりしてますが、『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』のように、思春期の淡い恋心を美しい風景描写と音楽で紡いでいくのが新海誠の真骨頂かなと思っています。
私は特に『秒速5センチメートル』が好きですね。

さて、最新作の『君の名は。』を鑑賞。
男女が入れ替わるエンターテイメント性のあるシナリオ、音楽にRADWIMPSを起用し、公開規模から考えてもいよいよ新海誠がベクトルを大衆に向ける新機軸的作品になっているのではないか、と期待していました。

www.youtube.com

結論からいうならば、その期待には応えていると思います。
男女が入れ替わるという決して珍しくはない入口ではあるものの、途中の展開から結末まで「おぉそうくるか」という流れが続き、やはり大衆に向けたエンターテイメント作品を意識しているものの、間違った方向性には行っていません。
f:id:ysykysyk:20160828210129j:image
本作の結末を観て改めて思ったのは、この人が描きたいテーマはやはり一貫しているなということ。エンターテイメント性を追求した結果か、ポジティブな終わり方になってはいますが「この終わり方は新海誠らしいな」と思った方は多いと思います。ただその一方で、であるなら私はどストレートに『秒速5センチメートル』のような作品にしてもらったほうが気持ちいいんだけどなとも思える部分もあり、この点については正直ちょっとモヤモヤが残ってしまいました。

新海誠という素晴らしい才能が今後も大衆に向けて挑戦していくというのなら私は応援するし、まだまだ新しい作品を作ってくれると思います。

ちなみに予告や彗星落下シーンで流れる「スパークル」という曲、もう死ぬほどバンプですね。