読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MISOJI備忘録

三十路がアクセス数とか気にせず語る場所

婚活の備忘録

その他
私の婚活もひとつの結果にたどり着きそうだというところで、ここまで私があらゆる婚活を通じて実感したことをまとめます。あくまでも私の経験がベースですが、婚活を考えている方やうまくいかない方に少しでも参考になれば幸いです。
f:id:ysykysyk:20151122161414j:image
 
■婚活パーティーや街コン…×
「彼氏・彼女作ろう!」「婚活しよう!」となったときに最も選ばれがちなのが、婚活パーティーや街コンといった敷居の低いイベントです。基本的には男性も女性も友人と参加する方が多いと思いますが、男性側ほど女性側は熱心でない人が多い印象を受けました。女2人でずっと話してるような例も少なくないですね、お前ら何しに来たんだよっていう。女性側の参加費が安いことも多いので自然とそう人が集まるのかもしれません。
ここから成功するにはどうにかまずは2対2で飲みに行く約束を取り付けるしかないのかなと思います。単独参加は論外です。
 
■婚活・出会い系サイト…×
効率が悪すぎます。ネット上のやりとりから始まって実際に会うまである程度時間がかかるうえ、私の場合は実際会った2件ともほぼ画像詐欺でやってられっかという感じです。
数少ないメリットしては低コスト(月3000円程度)で単独行動できること。
 
■友人、知人の紹介…△
一般的に最も安心で自然なのがこれになると思います。この場合大事なのは紹介してくれる方に気を遣わないといけないので、自分が求めるタイプ・イメージをしっかり持ち、伝えておくことが重要です。関係が浅い知人だと何となくで「このコが合いそう」と紹介されたものの、全く興味持てない人がやってくる例も私は経験しました。
仮にそういう人が来てもそこから複数での飲みに繋げて可能性を広げていくことも重要です。
 
■結婚相談所…◯
出会い系サイトと比較すればコストは高いですが、効率が良く、なにより安全度が高い。登録には、基本的なプロフィールはもちろん、家族構成や宗教まで、さらには役所に独身証明をもらい、年収を明確にするため源泉徴収票の提出までする必要があります。そのうえでお互い合意となればスケジュール調整してお見合いとなります。自分のある程度の年収なんて最初からバレてるわけですから逆に気にする必要もありません。お見合い後合意となれば2人で会ったりしながら、合うかどうか見極めることになります。
 
 
重要なことは自分にマッチした婚活手段を見つけること。様々な婚活の手段があるなかで今の自分に最も適したものを選びましょう。私の考えは以下のような切り分けです。
 
①一緒に婚活する友人がいる場合
婚活パーティー・街コン、そこから飲み会に繋げていくやり方がおすすめ。もちろんその友人にコミュ力が高くそこそこモテる人間がいないと複数で行動しても大して意味がありません。
婚活イベントに関して、特に女性は男性側の声がけを待ってるだけの傾向が強いため、仮に男性参加者がショボくても他の女性参加者と仲良くなりそこから広げていく努力はするべきだと私は思います。
 
②あなたがシャイすぎる場合
婚活・お見合いサイトの利用がおすすめ。婚活市場に多いのが「シャイすぎて恋愛を苦手としているタイプの人」です。婚活イベントでいきなり知らない異性と会ったところでまともにコミュニケーションが取れずに成果が出せるわけがありません(そこそこ可愛いなら別)。
正直私は婚活においてシャイすぎるのは致命的だと思います。しかしそれが簡単に改善できるのであれば苦労はしません。ならばせめて婚活サイトで事前にコミュニケーションを重ねてお互いのことを十分に知った後で会うのであれば多少は違うでしょう。
 
③一人で婚活する場合
結婚相談所がベスト。①で挙げた友人が結婚してしまい、一緒に動ける人がいなくなってしまうと一気に難易度が高くなってしまうのが婚活です。なのでそこは結婚相談所にカバーしてもらうのがよいと思います。会社によってはいろんなプランがあるようです、変なイメージで避けずむしろ投資してちゃんと相手を見つけることを考えてみましょう。女性はプロフィール画像は実物以上によく見せようとしないこと。
 
 
■まとめ
婚活を通じて最も痛感するのは、やはり学生時代や若いときに付き合った人と結婚まで行くのが最も理想的であるということ。思い出補正があったとしても、婚活で出会った女性たちより20代で付き合った女性のほうが魅力的だったように感じます。
とはいえ、過去のことを顧みても何も変わりませんので、何を重視するかを基準に根気よく相手を見ていくしかありません。婚活で知り合った関係なんてあっさり消滅してしまいかねないレベル。男性側はもちろん、女性側も積極的に動いてお互いを知る努力をするべきです。
 
 
〈おまけ〉私が思う婚活市場に不利な女性の傾向
☆実家暮らし
・事務職
・無趣味(または苦し紛れの趣味:旅行)
・お酒が全く飲めない
・男性へのアプローチが全て受け身
 
広告を非表示にする