読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MISOJI備忘録

三十路がアクセス数とか気にせず語る場所

【アメトーク】「iPhone使いこなせない芸人」にみるテクノロジーとの向き合い方

『アメトーク』にて、「iPhone使いこなせない芸人」という回が放送されました。
ただのiPhone講座のような内容になっていたことはまあ置いておいて、反応をTwitterで確認してみたところ(「アメトーク」「iPhone」で検索)、意外にも「めっちゃ勉強になった」という反応が多かったことにちょっと衝撃を受けたのです。いや、あの程度で勉強になったとか本気で言ってんのかと。

f:id:ysykysyk:20151128234932j:image 

ちなみに番組内で紹介されたiPhoneの機能としては、以下のようなものがありました。

  • 言語設定を英語から日本語に変更する
  • マップの航空写真を3D表示させる
  • 「や」を左右にフリックさせて「」を出す
  • Siriを使っておみくじをする

勘違いしていけないのは、これらは「機能」であって「使い方」ではないということです。テクノロジーと向き合うには、「何を使うか」ではなく「どう使うか」を選定しなければなりません。これは特に家電全般に共通していますが、この「どう使うか」をよく考えずにモノを買っている人が多すぎると思います。

その象徴のひとつが
iPhoneAndroidってどっちを買えばいいの?』
『PS4とWiiUってどっちを買えばいいの?』
という類のネットの書き込みです。この質問者に欠落しているのが、まさに「どう使うか」という感覚であり、そこを考慮せずにテクノロジーを手に入れたところで使いこなせるはずもなく、結果としてモノに対して不平不満を吐くことになります。ダサすぎです。

最近は『アナ雪』だったり『妖怪ウォッチ』だったり『セカオワ』だったり、話題性のみで人が集まったり、ブランド力のあるものしか売れなかったりという一極集中の傾向がみられ、中身が重要視されなくなってきていると感じています。それも「どう使うか」(=「どう使いたいか」)という意識が欠落している象徴のひとつではないでしょうか。

ちなみに私はiPhoneを使っていますが、逆にiPhoneを使うのが恥ずかしくなってきました。元々検討していたんですが、本体の支払いが終わったら、ガラケーAndroidのMVNOへ変更しようと思っています。