読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MISOJI備忘録

三十路がアクセス数とか気にせず語る場所

【ドラマ】ルーズヴェルト・ゲーム 第8話より

笹井専務(江口洋介)の青島製作所株主総会にて

「常にコストパフォーマンスを追求し、ノルマでがんじがらめにするイツワ電器になるのは簡単だ。ですが、自由気ままな社風でありながら技術力の冴え渡る青島製作所になるのは簡単ではなかった。

私はイツワの社長より、青島製作所の一兵卒でありたい。

この会社の社員であることを誇りに思っています。

私は青島製作所が大好きだ。」

 

私の社会人キャリアは大したことはないですが、経験から、

会社って別にデカくする必要はないんじゃないかと思うことが多いのです。

会社を大きくし続ければいつか必ずコストパフォーマンス主義にならざるをえないでしょう。勝ち続ける会社なんてないのですから。

ベンチャーにありがちな急激な事業拡大によって、創業当時に打ち立てられたであろうマインドがいつの間にか失われてしまうという過程を私は前職で目の当たりにしました。現職でも急激とは言わないまでも事業拡大が続いており、どこまで会社のマインドが損なわれないものか、正直気になっています。

 

理想があり、それを実現するための事業計画がある。

もたもたしてたら他社に先を越されてしまう。早急な先行投資が必要。

人材を増やし、オフィスも大きくしていく。

でも会社のマインドを損なわれないまま会社を拡大したい。

 

ゆっくりじゃないと難しくね?